中国映画「刺陵」、3D仮想空間「hapaMe」にてプロモーションを実施

 

中国映画「刺陵」、3D仮想空間「hapaMe」にてプロモーションを実施
ジェイ・チョウ(周杰倫)とリン・チーリン(林志玲)が主演する新作中国映画「刺陵(The Treasure Hunter)」が、3D仮想空間「hapaMe」にて各種プロモーションを実施する。


「刺陵(The Treasure Hunter)」は、現代の若者がタイムワープしてチンギス・ハンの財宝をめぐって戦うSF冒険活劇で、中国電影集団公司と歓楽影業、長宏影視が共同出資して製作した大作映画。12月9日より公開される。また「hapaMe」は中国・北京に拠点を置くベンチャー企業の游艺星际科技有限公司が開発・運営する中国内で最も新しい3D仮想空間で、アメリカのゲームディベロッパー・Epic Gamesが開発したゲームエンジン「Unreal Engine」を使用しているのが特徴。そのため既にある他の中国の3D仮想空間よりもはるかに美しいグラフィックが楽しめるほか、自分の顔写真を撮影し、それをアバターのスキンに適用して簡単に自分そっくりのアバターを作成できる機能もある。
「hapaMe」では、ワールド内に「刺陵」の世界観を再現したスペースと映画公開前に一足早く未公開写真が見られる”刺陵写真館”を構築。ここで公開されている写真はhapaMe以外のメディアでは見られない限定のものだという。また主人公の衣装をアバター向けの服飾アイテムとして再現し提供も行っている。
hapaMe
http://www.hapame.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.