セカンドライフで作られた映画「Life 2.0」、サンダンス映画祭に正式出品

 

“Life 2.0” documentary teaser from Jason Spingarn-Koff on Vimeo.

セカンドライフを利用して製作されたマシネマ・ドキュメンタリー映画「Life 2.0」が、来年1月に開催されるサンダンス映画祭に正式出品される。


サンダンス映画祭は、毎年1月にアメリカ・ユタ州のパークシティで開催されるインディペンデント映画を対象とした映画祭。俳優のロバート・レッドフォードが主催しており、ロバート・ロドリゲスとクエンティン・タランティーノが見出されたことで有名。
「Life 2.0」は映画会社のPalmStar Entertainment社が製作した長編ドキュメンタリー作品。セカンドライフでクリエイターとして成功し仮想アイテムの製作だけで暮らしていけるようになった人、またはお互い結婚しているにも関わらずセカンドライフ内で恋愛をしているカップルなど、セカンドライフにログインすることによって人生が劇的に変化したユーザーたちの姿を追った内容だという。
「Life 2.0」公式サイト
http://www.life2movie.com/
関連記事:
サンフランシスコの科学博物館でセカンドライフマシネマ「Molotov Alva」のイベントを開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.