ニュース 国内ニュース

慶應大学と大日本印刷、KDDIが青森市でAR共同実験を実施

投稿日:

慶應義塾大学コ・モビリティ社会研究センターと大日本印刷株式会社、KDDI株式会社が、青森県青森市と青森市中心市街地活性化協議会の協力のもと、大日本印刷の「情報クリッピングシステム」とKDDIの「実空間透視ケータイ」の2つのアプリを導入したコミュニティ形成支援のための子育て商店街ツアーを実施する。0~6歳の子供を持つ母親に青森市中心市街地の魅力や楽しみ方を伝えるという。


これは同大学の「コ・モビリティ社会の創成プロジェクト」の一環として行う実証実験で、12月4日に実行われる予定。ちなみにコ・モビリティ社会とは、コミュニティやコミュニケーションなどをあらわす「コ」と移動という意味の「モビリティ」を合わせた造語とのこと。
「情報クリッピングシステム」とは、位置情報を自動で取得してその位置に関連するコメントや画像を表示するアプリで、「実空間透視ケータイ」は携帯電話の画面に自分のいる場所の周辺に存在するオススメのスポット情報を表示するAR(オーギュメンテッドリアリティ:拡張現実)アプリ。今回の実証実験は、ツアー参加者はKDDIが貸し出す携帯電話を使用して「情報クリッピングシステム」を起動し、オススメスポットの近くに来るとバイブレーションが振動するという仕組みになっている。主に子育て世代を商店街に多く呼びこみ、コミュニティのつながりを実感できる商店街と子育て環境の実現を目指すのが目的で、今後は商店街ツアーの来春以降の継続に向けた準備にも取り組んでいく予定とのこと。
「コ・モビリティ社会の創成プロジェクト」の詳細はこちら(PDF)
http://co-mobility.com/img/pdf/20091201.pdf
慶應義塾大学コ・モビリティ社会研究センター
http://co-mobility.com/
関連記事:
博報堂DY、AR実証実験「東京大学ARキャンパスツアー」を実施

-ニュース, 国内ニュース

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.