自分の顔が本の表紙になる?人気ヴァンパイア小説のAR

   2011/05/28

現在アメリカでは”ヴァンパイア”がちょっとしたブームだ。映画「トワイライト」に始まり連続ドラマや子供・若者向け小説、はてはFacebookやiPhoneのソーシャルアプリまで、とにかく”ヴァンパイア・コンテンツ”があふれている。このヤングアダルト小説「Vampire Academy」もその一つで、既にティーンエイジャーに絶大な支持を受けベストセラーになっているが、表紙を”ARマーカー”にしてAR(オーギュメンテッドリアリティ:拡張現実)とFacebookを連動させた面白い試みを行っている。

まず同作品の公式サイトにアクセスし、自分の名前の登録とWebカメラでの顔写真の撮影を行ったあと同作品の表紙を画面上に映すと、先程撮影した自分の顔が本の表紙となって浮かび上がる。さらにFacebookとも連動しており、そのまま顔写真をFacebookに投稿することも可能だ。Facebook上には同作品のグループもあるので、他の人の写真を見ることもできる。

Vampire Academy
Vampire Academy

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.