中国最大のショッピングサイト「淘宝網(タオバオ)」、12月に3Dショッピングモールをオープン

 

中国最大のショッピングサイト「淘宝網(タオバオ)」が、来月12月に3D仮想空間型のショッピングモール「淘花源」を開設すると発表した。


「淘宝網」は中国のインターネットユーザーの3人に1人が利用していると言われる中国最大のショッピングサイト。取引額ではアジア最大で、個人でも簡単にインターネットショップを開店でき、またオークション形式をとっていることから世界同時不況以降に爆発的にユーザーが増えたという。
同サイトはSNS「淘江湖」も運営しているが、12月にオープンする3Dショッピングモールはその追加機能として提供される予定で、仮想空間内の店舗を見て歩き回りながら商品を購入できる仕組みになるという。
淘宝網
http://www.taobao.com/
淘江湖
http://jianghu.taobao.com/login.htm
関連記事:
パノラマビューで楽しむ仮想ウィンドウショッピング
中国にOpenSimをベースにした3Dショッピングモール「X购(XGO)」オープン
中国の3D仮想ショッピングモール、オープンβテストを開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.