プーペガール、ファッションブランドに特化したターゲティング型の広告商品を販売開始

 

プーペガール、ファッションブランドに特化したターゲティング型の広告商品を販売開始
株式会社プーペガールが、同社が運営するファッションコミュニティサービス「プーペガール」にて、ファッションブランドのプロモーションに特化したターゲティング型の広告商品を12月より開始すると発表した。


同社では、「プーペガール」にてプロモーションを展開するファッションブランドを「お気に入りブランド」に登録しているユーザーに対し、「MYHOME」上に同ブランドの最新情報を配信。合わせて「オシャレじてん」にて、プロモーションを展開するファッションブランドのブランドページやファッション写真ページに同ブランドの詳細情報を表示させ、潜在顧客に対し効果的にアプローチする。
現在プーペガールには約56万人ものユーザーがおり、その約8割を10~20代が占めている。またこれまでにユーザーにより投稿されたファッションアイテムの写真は約4,000ブランド・1,600万以上もあり、中身の濃いファッション情報が集約されている。それらのデータベースを活用した同広告商品では、プロモーションを実施するファッションブランドのファンだけでなく、潜在的に興味のあるユーザーに対しても高いプロモーション効果が期待できるという。同社では2010年6月までに50社の導入を見込んでいる。
プーペガール
http://pupe.ameba.jp/
関連記事:
プーペガールに資生堂「MAJOLICA MAJORCA」のコラボショップがオープン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.