クリスマスのプレゼント選びはARで

 


アメリカのファッション雑誌「InStyle」が、クリスマスシーズンにちなんだAR(オーギュメンテッドリアリティ:拡張現実)プロモーションを行っている。


内容は、同誌の12月号をWebカメラを通して見ると、表紙にプレゼントリボンがかかったり、画面全体に雪が降ったり、グラビアモデルが喋り出したり、撮影のメイキング風景など特別な動的コンテンツが見られるというもの。
特別なARマーカーは特に印刷されておらず、雑誌の表紙そのものがマーカーの役目をしている。
InStyle
http://taylor.instyle.com/
関連記事:
これが本当の”飛び出す”絵本?雑誌「Esquire」のAR実験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.