仮想アイテム市場、アメリカでは10億ドル規模に成長

 

仮想アイテム市場、アメリカでは10億ドル規模に成長
ソーシャルアプリやFacebook、仮想アイテムなどのリサーチを行っている調査機関のInside Networkが、2009~2010年の仮想アイテム市場の調査・予測レポートを発表した。それによれば、アメリカ国内の仮想アイテム市場は2008年度と比べて約2倍に成長し、約10億ドルの規模になっているという。


同レポートによれば、市場の急成長の要因の1つはFacebookなどのSNSがユーザー同士で仮想アイテムをプレゼントし合える機能を実装したことだという。特にFacebookのヴァーチャルギフト機能は、これまで仮想世界やMMOで仮想アイテムを買った経験が無い人にも仮想アイテム売買の魅力を伝える役割を果たしたとのこと。レポートは全94ページでコース別に995ドル~1995ドルで販売されている。
レポートはこちら
http://www.insidevirtualgoods.com/us-virtual-goods/#aboutreport
関連記事:
「モバイルARの市場規模は2014年までに7億3200万ドルに成長」—Juniper Research調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.