博報堂DYと慶応大学ら、ARを活用したクロスメディア型広告「テノヒラアド」を開発

 

博報堂DYと慶応大学ら、ARを活用したクロスメディア型広告「テノヒラアド」を開発
株式会社博報堂DYメディアパートナーズと慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科デジタルライフプロジェクト、株式会社アイ・エム・ジェイが、共同でAR(オーギュメンテッドリアリティ:拡張現実)を利用した広告商品「テノヒラアド」を開発した。


「テノヒラアド」は、新聞、雑誌、折込チラシなどの広告に記載されたARマーカーをWebカメラで撮影することにより、見る人の掌の上で動的な立体映像が生成されるというもの。グラフィック表現だけでは伝えきれない情報を体験型コミュニケーションとして提供することができるクロスメディア型の広告商品で、メーカーなどが新商品発売日に合わせ、新聞広告と連動させて新商品の実物大を体感させたり、商品のブランド観と連動したエンターテインメントコンテンツを提供するなどの活用を想定しているという。
株式会社博報堂DYメディアパートナーズ
http://www.hakuhodody-media.co.jp/
慶應義塾大学
http://www.keio.ac.jp/
株式会社アイ・エム・ジェイ
http://www.imjp.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.