エイチアイ、3Dキャラクターを介したユーザーインターフェース 「CHAR@re」(きゃらり)を開発

 

エイチアイ、3Dキャラクターを介したユーザーインターフェース 「CHAR@re」(きゃらり)を開発
株式会社エイチアイが、3Dのキャラクターを介した新たなユーザーインターフェース「CHAR@re」(きゃらり)を開発した。


同社では新たにソリューションブランド「CommunicationCapsule」(コミュニケーション カプセル)を立ち上げ、この「CHAR@re」はブランドのコンセプトに基づいた製品第一弾とのこと。同社のアバター構築に関する技術やノウハウ、3D描画エンジン「MascotCapsule」が応用されており、3DのキャラクターがPCのデスクトップ上で軽快に動作し、様々な場面でユーザーに情報を配信しサポートする。
サーバとの連携が可能なため、コンテンツプロバイダが配信する情報をキャラクターの「セリフ」として吹き出しに表示させることもできるほか、ブラウザとの連携も可能で、URLの付いた情報を吹き出しに表示させそれをクリックするとリンク先のWebサイトへ移動する「サイト誘導」も行える。
また、画像やテキストファイルをドラッグ&ドロップやコピー&ペーストでキャラクターに持たせることもでき、あらかじめ設定しておいたメールアドレスにファイルを添付したメールを送信できる。そのほか、ユーザーのPCでの作業を邪魔しないよう、3Dキャラクターがアクティブなウィンドウを自動回避したり、アイコン化するといった演出も可能だという。
今後同社では「CHAR@re」に音声認識や音声合成を使用した対話型コミュニケーションやレコメンデーション、スケジューラやアラートといった機能を追加していく予定とのこと。
株式会社エイチアイ
http://www.hicorp.co.jp/
関連記事:
エイチアイの3D描画エンジン「MascotCapsule」、次世代型通信カラオケ「CROSSO」と情報端末「キョクNAVI」に採用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.