周りの風景が戦場になるARシューティングゲーム「System Flaw」

 


フランス・パリに拠点を置くゲームディベロッパーのVisual Impact社が、周りの風景が戦場になるNintendo DSi用のAR(オーギュメンテッドリアリティ:拡張現実)シューティングゲーム「System Flaw」を開発した。アメリカでは既に発売されており、ヨーロッパでも2010年2月にリリースされる予定(日本発売は未定)。


「System Flaw」はDSiのカメラを使用したシューティングゲーム。カメラを通して周りの風景を見渡すとそこに多数のエイリアンが表示され、これを撃ち落としていくというもの。エイリアンは360°どこからでも襲ってくるので、上手くDSiを動かして照準を合わせる。DSiの動きがそのままゲームに反映されるので、慣れれば本当の射撃のような感覚が味わえるという。
System Flaw
http://www.systemflaw.com/
関連記事:
スウェーデン発、AR(拡張現実)技術で幽霊を探すゲーム登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.