盗まれたWorld of Warcraftアバターの値段は53万円

   2013/01/14

フィンランドの東スオミ州地方裁判所が、世界で最も人気のあるMMOの一つ「World of Warcraft」の他人のアバターを盗み転売した男性に対し「窃盗罪」として有罪判決を下した。

有罪となった男性は今年初めに他人のアカウントをハッキングし不正にWorld of Warcraftにログイン。そのユーザーのアバターを丸ごとRMTサイトで転売し現金化した。弁護士はオンラインゲームのアバターは実体の無いもので財産には該当せず、窃盗罪は適用されないと主張したが、法廷はアバターを個人の財産と認め「不正アクセス」ではなく「窃盗」として有罪判決を下した。尚、法廷は一般的なRMTサイトでのWorld of Warcraftのアバターの価格相場を調査・算出し、それを元に被害者へ合計4000ユーロ(約53万円)の賠償金を支払うよう犯人に命じたという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket