Cube3、仮想オフィス&キャンパス構築サービス「CampusPodz」リリース

 

Cube3、仮想オフィス&キャンパス構築サービス「CampusPodz」リリース
アメリカ・カリフォルニア州に拠点を置く仮想空間ディベロッパーのCube3(Cube Productions Inc.)が、企業や学校向けに仮想オフィスや仮想キャンパスを構築するサービス「CampusPodz」を立ち上げた。


「CampusPodz」は、同社が運営しているOpenSimベースの仮想空間「Reaction Grid」に基づいたサービスで、ユーザーはもともと用意されている建物やエクステリアのパーツを組み合わせて”レゴブロックを組み立てるように”仮想オフィスやキャンパスを作ることができる。また追加料金でそれらのパーツを複製することも可能。オプションとして同社がパートナーシップを締結しているALTADYN社が運営するJavaベースで動作する3D仮想空間プラットフォーム「3DXplorer」ともURLリンクを貼って連動させることもできるという。
Cube3
http://www.cube3.com/
関連記事:
セカンドライフとWebブラウザ上の3D仮想空間でB級深夜番組を鑑賞
企業向けコラボレーション用仮想空間「Officepodz」リリース
Javaベースの3D仮想空間プラットフォーム「3DXplorer」正式オープン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.