Webサイトをアバターが案内する「アバナビ」、中国に進出

 

Webサイトをアバターが案内する「アバナビ」、中国に進出
アバターデザインの制作を手掛ける花咲けピクチャーズ株式会社が、上海のシステム開発会社の上海クローバーシステム有限公司と業務提携し、同社が開発したWebページ上をキャラクターが自由に動き回り解説するSaaSサービス「アバナビ」の開発・販売を中国にて開始した。第一弾の導入事例として、今月より上海市経済情報委員会のWebサイトに導入されている。


「アバナビ」は、Webサイトの上をアバターが動き回り、テキストや音声でサービス内容やサイトの概要などを説明してくれるサービス。アバターはFlashで動作しアニメーションもスムーズに再生される。
上海市政府経済情報委員会のサイトでは、サイトの説明だけでなく毎日のニュースを声とテキストで解説する機能が好評とのことで、現在同サイト全体の中で8箇所このシステムが導入されているという。また上海市政府傘下の100以上の様々な組織にも導入が検討されており、来年2010年5月に開催される上海万博の組織委員会でも導入が検討されているとのこと。
アバナビ
http://www.avanavi.jp/
花咲けピクチャーズ株式会社
http://www.hanasake.jp
関連記事:
SHIBUYA109・109MEN’S、複数のアバターコミュニティを同時ジャック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.