ニュース 仮想アイテム

SNSプラットフォーム「Ning」、仮想アイテムのプレゼント機能を実装

更新日:

SNSプラットフォーム「Ning」、仮想アイテムのプレゼント機能を実装

自分でSNSを作ることができるSNSプラットフォーム「Ning」が、仮想アイテムをユーザー同士でプレゼントし合えるプラットフォームを公開した。

「Ning」は、ユーザーが自分独自のSNSを簡単に作成できるSNSプラットフォーム。1アカウントで「Ning」内にある様々なSNSに所属することができ、それらを1まとめにして友達リストを共通にする機能などもある。9月10日よりソーシャルアプリを公開できる「Ning Apps」も開始している。現在のユーザー数は約3900万人で、これまで160万ものSNSがユーザーによって作られた。
今のところこの仮想ギフトの購入に利用できるのはPayPalのみだが、今後は決済方法も拡大されていく予定とのこと。

-ニュース, 仮想アイテム
-

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.