リュック・ベッソン監督の最新映画、ARを利用しプロモーション

 


フランスの巨匠リュック・ベッソン監督の最新アニメーション映画「Arthur et la vengeance de Maltazard」が、食品メーカーのネスレと提携しAR(オーギュメンテッドリアリティ:拡張現実)技術を利用したプロモーションを展開している。


「Arthur et la vengeance de Maltazard」は、「Arthur et les Minimoys(邦題:アーサーとミニモイの不思議な国)」3部作の2作目にあたる長編アニメーション作品で、ヨーロッパでは12月2日より公開予定(日本公開は未定)。この”ARプロモーション”はネスレのチョコチップシリアルの裏側をWebカメラに映すと、映画をテーマにしたゲームで遊ぶことができるというもの。ゲームの制作はDassault Systemesが担当した。
「Arthur and the Revenge of Maltazard」公式サイト
http://www.arthuretlesminimoys.com/arthur2/index.html
関連記事:
ジョン・メイヤー、ARを利用したプロモーションビデオを制作

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.