エディパ、オンライン画像認識試着サービス「Virtua Fitter」開始

 

エディパ、オンライン画像認識試着サービス「Virtua Fitter」開始
株式会社エディパが、Web上で様々自分の写真に様々な服を着せて”仮想試着”できるサービス「Virtua Fitter」(ヴァーチャフィッター)の提供を開始した。


「Virtua Fitter」は、PCとWebカメラ、またはデジカメや携帯などで撮影した写真などを利用し、同社独自の生体認識システムで正確に”人物”を判断し仮想空間にてユーザーの身体のサイズに合わせた試着を実現するシステム。利用方法はVirtua Fitterのサイトにアクセスし、「Webカメラモード」か「写真モード」のどちらかを選択して試着する服を選ぶというもの。PC画面以外でも大画面を利用した店舗での試着サービス展開も可能で、今後はECサイトや衣類販売店、結婚式場に向けて導入を目指すとのこと。
尚、Virtua FitterのAPI利用料金は以下のとおり。
【Virtua Fitter API利用料金】
(1)基本料金(月額):31,500円~
(2)従量課金(月額) :63円~/1CPM
※1CPM=1000リクエスト
(3)素材処理(オプション):1着525円~
以上、全て税込み価格
Virtua Fitter
http://www.virtuafitter.com
関連記事:
【CEATEC JAPAN 2009レポート】その他気になった展示いろいろ
メガネスーパー、”3Dメガネ試着シミュレーション”サービスを開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.