レゾナントの技術人材育成プランが大分県の雇用再生技術人材創出事業に採択

 

レゾナントの技術人材育成プランが大分県の雇用再生技術人材創出事業に採択
大分県が委託事業で行う「雇用再生技術人材創出事業」で、レゾナント・ソリューションズ株式会社が提案した3D仮想空間を利用したシミュレーション技術の習得が採択された。10月1日より同社のサービスや米Intel社の開発者向け仮想空間「ScienceSim」にて求職者の雇用と研修が始まっているという。

「雇用再生技術人材創出事業」は、労働者の新規雇用を伴う実践的な人材育成プログラムの開発を大分県内の企業に委託し、多様な人材育成の方策を創出すると共に効果的な技術人材の育成や雇用のミスマッチの解消を図るというもの。
今月より新たに研修を開始した同事業では、3D仮想空間内でのシミュレーションによりIT技術者の育成を行う。カリキュラムの概要は以下のとおり。
 
1.3Dデザイナー
(1)オープンソース3Dプラットフォームでのオブジェクト制作
(2)外部連携ソフトを使用したオブジェクト制作
(3)既存Webサービスとの連携によるサービス制作
2.シミュレーションプログラマー
(1)3Dプラットフォームでのプログラム技術
(2)Webbサーバとの通信による連携プログラム
(3)シミュレーション機能の実現
レゾナントの技術人材育成プランが大分県の雇用再生技術人材創出事業に採択 レゾナントの技術人材育成プランが大分県の雇用再生技術人材創出事業に採択
レゾナント・ソリューションズ株式会社
http://www.resonant-sol.jp
関連記事:
レゾナント、「第3回大分ビジネス・リンク~商売直行便~」で「ハイブリッド3D会議」を出展
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.