ソニー、どの方向からも3D表示できる「360°立体ディスプレイ」を開発

 

ソニー、どの方角からも3D表示できる「360度立体ディスプレイ」を開発
ソニー株式会社が、360°どの方向からも立体視できるディスプレイ「360°立体ディスプレイ」を開発した。10月22日(木)~25日(日)まで開催される「デジタルコンテンツEXPO2009」に出展するという。


「360°立体ディスプレイ」は、どの方向からも3Dメガネの必要なく立体映像が見える円筒形のディスプレイ。卓上での使用も可能な小型サイズ(直径13cm・高さ27cm)と24ビットのフルカラー表示を実現しており、複数人が同時に見ることができるため、デジタルサイネージやイベント展示、家庭における画像の立体表示可能なフォトフレームやテレビ電話などに応用できるという。10月22日(木)の13:00からは試作品のデモ動画も公開されるとのこと。
ソニーのプレスリリースはこちら
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/200910/09-123/
ソニー株式会社
http://www.sony.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.