ニュース 国内ニュース

モバゲータウン、コミック化を前提としたUGCイベント「小説祭」を開催

投稿日:

株式会社ディー・エヌ・エーと株式会社アスキー・メディアワークスの2社が、ディー・エヌ・エーが運営するポータルサイト「モバゲータウン」にて、2010年1月刊行予定の新コミック誌「電撃大王GENESIS(ジェネシス)」の出版に合わせ、コミック化を前提とした「小説祭」を開始する。


今回の企画は、作品募集のプラットフォームをモバゲータウンが担いキャラクターを「電撃大王GENESIS(ジェネシス)」が提供、その中でモバゲーユーザーが物語を創造するというケータイサイトと出版社が手を結んだ新たなUGCイベント。モバゲータウンではサイト内の小説コーナーにて11月2日よりユーザーからの小説作品を募集する「小説祭」を実施する。最優秀賞に選ばれた作品はコミック化の対象として予定されており、コミック化は「第9回電撃コミックグランプリ」で準グランプリを受賞した漫画
家の華師さんが手掛ける。華師さんは今回の企画のために3名のキャラクターを新たに書き起こし、小説祭の応募にあたっては、そのキャラクターへの想像を膨らませて物語を描くことが”お題”となっている。応募要綱は以下のとおり。
 
応募期間:11月2日(月)~11月30日(月)まで
      (告知は10月16日(金)よりスタート。詳細はサイト内で発表)
賞金:最優秀賞30万円(最優秀賞作品はコミック化)
    優秀賞10万円 モバゲー特別賞10万円
応 募 先:「モバゲータウン」小説コーナー内
      「電撃大王×「モバゲー小説祭」~発売記念!電撃大王GENESIS
       の漫画原作オーディション~」
サイトURL:http://mbga.jp/novel_top
モバゲータウン
http://www.mbga.jp/.pc/
関連記事:
モバゲータウン、ドラマ「アンタッチャブル~事件記者・鳴海遼子~」をモチーフにしたゲーム「アンタッチャブル・アイ」を公開

-ニュース, 国内ニュース

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.