仮想の野菜でハイチの人を助けよう!FarmVilleがチャリティプログラム「Sweet Seeds for Change!」を実施

   2013/01/23

仮想の野菜でハイチの人を助けよう!FarmVilleがチャリティプログラム「Sweet Seeds for Change!」を実施

ソーシャルゲームディベロッパーのZyngaが、同社がFacebook上で提供しているソーシャル農業ゲーム「FarmVille」にてチャリティプログラム「Sweet Seeds for Change!」を実施している。

「Sweet Seeds for Change!」は、FarmVille内の自分の畑に植える仮想のさつまいもの種を買うと、その金額の半分が寄付に回されるというもの。さつまいもの種は現実の通貨で購入する仮想通貨「キャッシュ」で販売されており(25キャッシュ)、ユーザーがこのアイテムを購入するごとに、その半額がハイチの農民を支援する非営利団体「FATEM」とハイチの貧しい人に小額融資を行っている銀行「FONKOZE」に寄付され、ハイチの農村の経済発展に使われるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket