Google Earthの3D建築物を制作するサービス「Virtual Viewing」登場

 

Google Earthの3D建築物を制作するサービス「Virtual Viewing」登場
アメリカ・カリフォルニア州エルセグンドに拠点を置く3DCGモデル製作会社のCyberCity3D社が、Google Earth上に表示する建築物の3Dモデルを制作するサービス「Virtual Viewing」を立ち上げた。


「Virtual Viewing」は企業ビルや店舗などの商業施設、公共施設、観光施設を3Dモデリングで再現するというサービス。基本的に制作するのは実在する建築物で、3DデータをGoogleに登録し審査が下りればGoogle Earthの空間上に表示させることができる。
CyberCity3D
http://www.cybercity3d.com/
関連記事:
最近の中国は「クォータービュー3D地図」が人気 ”武漢3D地図”オープン
【Google Earth】本物のヘルシンキとGoogle Earthのヘルシンキを比べてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.