ニュース 国内ニュース

3Di、OpenSim対応のWebブラウザ向け3D空間ビューア技術をオープンソース化

投稿日:

3Di、OpenSim対応のWebブラウザ向け3D空間ビューア技術をオープンソース化
3Di株式会社が、Webブラウザ上で3D空間を表示・操作できるOpenSim対応の独自開発ビューア技術のオープンソース化を決定した。本日9月30日(水)よりオープンソースプロジェクト「3Diビューア“Rei”」を立ち上げる。


「3Diビューア“Rei”」は、同社が商用版として提供している3DiOpenViewerと同じコア技術を使用したオープン・プラットフォームを開発者に公開・提供するもの。今回オープンソース化する技術は3D空間をWebページへ埋め込むことが可能となっており、既存のWebコンテンツに簡易に3D空間を取り入れられるようになっている。開発者は必要に応じてプラットフォームをカスタマイズ可能。現在のところ、オープンソースであるOpenSimや商用版として同社が提供している「3DiOpenSim Enterprise」など、OpenSimベースの3D空間サーバに対応している。
3Diビューア“Rei”オープンソースプロジェクト
http://3di-rei.org/
3Di株式会社
http://3di.jp/
関連記事:
3Di、クラウドコンピューティングを利用したPaaS/SaaS事業に進出

-ニュース, 国内ニュース

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.