【Twinity】本物のベルリンとTwinityのベルリンを比べてみた

   2011/04/01

夏季休暇中にドイツのベルリンに旅行に行った同僚に写真をもらいました。ということで前回に引き続き、今回は本物のドイツ・ベルリンとドイツのMetaversum社が運営する3D仮想空間「Twinity」の中のベルリンを見比べてみたいと思います。

「Twinity」は当初、”外界”の無い「室内」のみの3D仮想空間としてスタートし、後に現実のベルリンを元にした”外界”を公開。現在ではベルリンだけでなく仮想シンガポールも公開しています。海外ではこのように実際にある土地を再現した仮想空間のことを「ミラー・ワールド」(鏡の世界)と呼んでいるようです。日本では東京23区を再現したmeet-meがそれに当たりますね。
ちなみにTwinityでは、ベルリンを拠点に活動している作家やアーティストのイベントを開催したり、ベルリン市内で発行されている地域情報雑誌とコラボしたり、ベルリンをテーマにしたテレビ番組を生中継したり、ベルリンでライブ活動を行うインディーズバンドのライブや新譜のスニークプレビューを開催したりと、徹底して地域に密着した活動を行っています。また定期的にベルリン市内のウォーキングツアーも行われているので、ベルリンを訪れたことのない人ならちょっとした旅行気分も味わえるでしょう。
【Twinity】本物のベルリンとTwinityのベルリンを比べてみた 【Twinity】本物のベルリンとTwinityのベルリンを比べてみた
まず最初はこちら。ベルリン観光の定番スポットとも言える「ブランデンブルク門」です。Twinityの方は・・・看板がちょっと邪魔かも。しかしここはTwinityにおいてもスタート地点や待ち合わせ場所など「ハブ」的な定番スポットとなっているため、やはり案内看板は必要なのでしょう。因みにTwinity内ではここに野外シアターを設置しています。
【Twinity】本物のベルリンとTwinityのベルリンを比べてみた 【Twinity】本物のベルリンとTwinityのベルリンを比べてみた
こちらもベルリン観光の名所として有名な「ベルリン大聖堂」。現実でもTwinityでも周辺は映画館や博物館、カフェなどの施設が多く、便利で見どころがたくさんある人気スポットです。しかしTwinityはGoogle Earthとはうって変わって樹木のオブジェクトが非常に多いです。スケールが現実と若干ずれているため、角度によっては邪魔になることもあるかも・・・。
【Twinity】本物のベルリンとTwinityのベルリンを比べてみた 【Twinity】本物のベルリンとTwinityのベルリンを比べてみた
こちらはベルリンのどこからでも見られる「テレビ塔」。とにかく様々な場所から見える目立つランドマークなので、おそらく東京における東京タワーのような場所なのではないでしょうか。
【Twinity】本物のベルリンとTwinityのベルリンを比べてみた 【Twinity】本物のベルリンとTwinityのベルリンを比べてみた
こちらは昨年火事が発生したことで有名なベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のホール・・・なのですが、明らかに今までの建築物よりもテクスチャがショボいです。なぜ??
【Twinity】本物のベルリンとTwinityのベルリンを比べてみた
最後は「ブランデンブルク門」からまっすぐ伸びた道の先にある「戦勝記念塔(ジーゲスゾイレ)」を見てみましょう。先日のベルリン世界陸上でマラソンコースにもなっていたので、この黄金に輝く勝利の女神像を見たことのある人も多いでしょう。
しかし・・・・・・・・・
【Twinity】本物のベルリンとTwinityのベルリンを比べてみた
なんと道が途中で切れている!しかもその先に空間が全く構築されていない!・・・・・・今回改めてこの仮想ベルリンを歩きまわって気が付いたのですが、どうもTwinityでは西ベルリン地区の開発があまり進んでいないようなのです。そのせいか、ギャラリーやクラブ、ショップ、カフェなどユーザーに人気のあるスポットもほとんどが東ベルリンに集中しています。
そういえば現実の東ベルリンも、「ベルリンの壁」崩壊後に再開発場所が豊富にあったため新たな施設が次々と誕生し、さらに物価が西ベルリンよりも安いためアーティストや若者が多く住むようになり、その結果最近話題になっている人気スポットはほとんど東ベルリンに集中していると聞いたことがあります。
Twinityの世界もそんな現実のベルリンを反映しているのでしょうか。
【Twinity】本物のベルリンとTwinityのベルリンを比べてみた
関係ないけど映画「Avatar」のドイツバージョンのポスター
Twinity
http://www.twinity.com/en
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.