テキサス州立大学システム、セカンドライフにキャンパスを構築 仮想世界の教育目的利用について研究

 

テキサス州立大学システム、セカンドライフにキャンパスを構築
テキサス州立大学システムが、セカンドライフ内にヴァーチャルキャンパスを構築し仮想世界の教育目的利用について研究を行っていくと発表した。


テキサス州立大学システムは、テキサス州内にある州立大学や医学関連教育施設、センターなど16の施設から構成されており、約200,000人の学生と7,500人の教職員を有している。今回同大学システムではセカンドライフ内に50SIMからなる仮想キャンパスを構築。今後教授と学生双方がログインし、仮想世界を教育分野に活用する研究などを行っていくという。
公式ブログはこちら
http://tuelearningcommunity.com/vlci/
関連記事:
マサチューセッツ工科大学、天体研究にOpenSimを活用
デラウェア大学、リアルとセカンドライフの双方でピュリッツァー賞受賞ジャーナリストの講演会を開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.