エコ仮想空間「Elf Island」、仮想アイテムリリースでワーナーと協力

 

エコ仮想空間「Elf Island」、仮想アイテムリリースでワーナーと協力
境問題やそれに伴う飢餓問題などについて学べるアメリカの子供向け仮想空間「Elf Island」が、クラシック映画「オズの魔法使い」をモチーフとした仮想アイテムをリリースするためWarner Bros. Interactive Entertainmentとの協力を発表した。


「Elf Island」は、ミニゲームなど様々なクエストをこなしていく過程で環境問題や飢餓・貧困問題などの諸問題について学べる学習目的の仮想空間。コンテンツの制作では実際に慈善活動を行っているNGOやNPOなど各種団体・企業が監修に当たっている。
同サービスでは「オズの魔法使い」に出てくるライオンやカカシ、ブリキの木こり、ドロシーの靴、魔法使いの帽子などのアバター用アイテムを提供。この両社の協力は今年度末まで続くという。
Elf Island
http://elfisland.com/
関連記事:
エコ仮想空間「Elf Island」、正式サービスを開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.