「モバゲータウンの広告効果はテレビよりも上」 D2Cが調査結果を発表

 

「モバゲータウンの広告効果はテレビよりも上」 D2Cが調査結果を発表
モバイルマーケティングを手掛ける株式会社ディーツー コミュニケーションズが、プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(以下P&G)のポテトチップ「プリングルズ」と株式会社ディー・エヌ・エーが運営するポータルサイト「モバゲータウン」のタイアップキャンペーンに関する調査結果を発表した。それによれば、モバゲータウンの広告効果はテレビCMを上回るという。


同キャンペーンは、モバゲーサイト上でプリングルスのタイアップゲームを公開し、高得点を得た1万人のモバゲーユーザーに対し限定のアバター用アイテムを無料配布するという内容で、2009年2月~3月にかけて行われた。その後、ユーザーに対し「プリングルズについて最近見聞きした媒体は?」と尋ねたところ、ゲーム参加者の62.6%が「モバゲーのキャンペーン・ゲーム」と答え、「テレビCM」(55.5%)と答えた人数を上回った。またゲームに参加しなかったユーザーでは「最近見聞きした覚えはない」という回答が12.8%あったものの、ゲーム参加者では 3.1%のみだった。
「見聞きした中で最も印象に残った媒体は?」との質問では、ゲーム参加者の40.7%が「キャンペーン・ゲーム」と答え、「テレビCM」(28.2%)と答えたユーザーの1.4倍となった。
さらにゲーム参加者の4人に1人がゲームに関するクチコミを行っているとのことで、「直接誰かに話した」が53.2%で最も多く、「携帯画面を見せた」が33.8%、「携帯メール」が17.8%と続いた。
尚、ゲーム参加者の14.8%がゲーム後に実際にプリングルスを購入しており、さらに「同商品を家族・友人・知人と食べた」り(8.9%)、「同商品を携帯ネットで調べた」り(8.4%)した例も続いたという。
モバゲータウン
http://www.mbga.jp/.pc/
株式会社ディーツー コミュニケーションズ
http://www.d2c.co.jp/
関連記事:
モバゲータウンもソーシャルプラットフォーム化へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.