9/19、「第3回メタバース・フォーラム研究会」開催

 

9月19日(土)、デジタルハリウッド大学大学院メインキャンバスにて「第3回メタバース・フォーラム研究会」が開催される。


今回のテーマは「メディアの進化と、メタバースのデジタルコンテンツ流通」。近年、デジタル化の波で放送と通信の融合のようにメディアは大きく進化し、またコンテンツとメディアの関係も大きく変化している。インターネット、Web2.0を経て台頭してきた仮想世界は放送と通信の融合メディアであり、現存のメディアを包括しさらにユビキタス社会やVRなどで実現しようとした社会が”仮想”ではあるがシミュレートできる。そんな仮想世界ががデジタルコンテンツの流通インフラとして社会的基盤に進化していく可能性について考察していく。プログラムと概要は以下のとおり。
開催日時:9月19日(土) 10:00~18:00
開催場所:デジタルハリウッド大学大学院 メインキャンパス
 秋葉原ダイビル7F
   http://gs.dhw.ac.jp/faq/map/index.html
参加費:無料(但し事前登録制)
登録はこちらから
http://ma.3u.com/index.php?action=pages_view_main&page_id=316
~プログラム~ ※9月1日現在
・10:00  :受付開始
・10:20~10:30 :開会の挨拶
杉山 知之 先生(デジタルハリウッド大学・大学院 学長)
・10:30~11:00 :基調講演1『メディアとデジタルコンテンツ 』
杉山 知之 先生(デジタルハリウッド大学・大学院 学長)
・11:00~11:40 :基調講演2『ソーシャルテレビ、ソーシャルゲームとメタバースの未来』
山崎 秀夫 先生(野村総合研究所)
・11:40~12:10 :講演1『メタバースの現状と海外の動向』(仮)
箱田 雅彦 氏(THE SECOND TIMES編集長)
・12:10~13:00 :昼休み
・13:00~13:40 :基調講演3『メタバースの未来とビジネス展開』(仮)
宮川 精 氏(IBM株式会社)
・13:40~14:10 :講演2『メディアとアバター』(仮)
千田 光昭 氏 (博報堂)
・14:10~14:40 :講演3『TVメディアとメタバース 』(仮) 
安藤 聖泰 氏 (日本テレビ放送網株式会社)
・14:40~15:10 :講演4『メタバースと課金システム』(仮)
渥美 俊英 氏(電通国際情報サービス)
・15:10~15:30 :休憩
・15:30~15:50 :パネル1『New Generation in Metaverse』~進化する人々とテクノロジー~
濱岡 那雅 氏(株式会社ココア)
・15:50~16:10 :パネル2『「没入する仮想世界」から「この世界に開かれた多数の窓」へ』
梶塚 千春 氏(株式会社スプリューム)
・16:10~16:30 :パネル3『ニコッとタウン』(仮)
岩井 賢二 氏(株式会社スマイルラボ)
・16:30~17:30 :パネル『メタバースにおける、コンテンツ流通』
三淵 啓自 先生(デジタルハリウッド大学院)
濱岡 那雅 氏(株式会社ココア)
梶塚 千春 氏(株式会社スプリューム)
岩井 賢二 氏(株式会社スマイルラボ)
岸本 拓磨 氏(朝日放送株式会社)
・17:30~17:40 :閉会の挨拶 羽倉 弘之 先生(東京大学)
関連記事:
3/14、リアルとヴァーチャルをつないだ「メタバース勉強会」開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.