3D仮想空間プラットフォーム「Entropia Universe」のロックの楽園「ROCKtropia」、ティザーサイトを公開

   2016/01/02

3D仮想空間プラットフォーム「Entropia Universe」のロックの楽園「ROCKtropia」、ティザーサイトを公開

スウェーデンの3D仮想空間「Entropia Universe(エントロピア・ユニバース)」内の新たな”惑星”(リージョン)「ROCKtropia」のティザーサイトがオープンした。参入するアーティストも一部公開されている。

Entropia Universeは2003年にオープンした”惑星開拓”がモチーフとなったMMO的3D仮想空間。Crytekのゲームエンジン「CryEngine」を使用した、2003年当時としてはかなりハイクオリティな美麗グラフィックが特徴で、ユーザーによるもの作りや仮想アイテムの売買、RMT(リアルマネートレード)も公認しており、、専用のクレジットカードを発行しネット銀行的なサービスも提供するなど実際の経済活動も行えるサービスとして知られている。またこれまで企業やアーティスト、テレビドラマなどの参入事例も多数ある。
これまで同サービスでゃ1つの惑星世界のみをプラットフォームとしていたが、昨年より「惑星開発パートナー」として開発者や企業と契約し、それぞれのパートナーごとに様々な特色を持った”惑星”が独立して存在する形式に転換した。今回オープンした「ROCKtropia」のティザーサイトはまだEntropia Universeの公式サイトにリンクされていないが、サイト上でユーザーのプレ登録を受け付けている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.