「3Di OpenSim」がバージョンアップ 「3Di OpenSim Enterprise Version 1.1」発売

 

「3Di OpenSim」がバージョンアップ 「3Di OpenSim Enterprise Version 1.1」発売
3Di株式会社が、企業向け3D空間構築サーバーソフトウェア「3Di OpenSim」のバージョンアップ版を開発、「3Di OpenSim Enterprise Version 1.1」を本日8月4日より発売する。


同社ではEnterprise 1.0の発売以降、新たな機能開発を行う一方でユーザーからの意見・要望を取り入れながら、3D空間の構築・管理・運営のためのユーザビリティ向上、利用環境の充実といった課題に取り組んできた。アップデートされた主な機能は以下のとおり。
・製品対応サーバーOSが、従来のWindows Server 2003 R2に加え、新たにWindows Server 2008(32ビット版)にも対応
・インストールウィザードの導入や煩雑だった設定入力の簡易化によりユーザビリティが向上。インストールが従来よりスピーディに行えるようになった。
・3D空間内のユーザー行動ログ情報のCSVファイル作成、アバター管理やデータベース管理の追加。

同社では今後も引き続きユーザーの声を取り入れ、製品の機能性・利便性の向上に取り組んでいくとしている。
3Di株式会社
http://3di.jp/
3Di OpenSim
http://3di-opensim.com/
関連記事:
3Diとソフトフロント、3D空間向けVoIP(IP電話)ソリューションの商用化で業務提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.