東京大学大学院馬場章研究室とバンダイナムコ、ゲームと教育の共同研究プロジェクトを発足

 

東京大学大学院情報学環 馬場章研究室と株式会社バンダイナムコゲームスが、”ゲームと教育”をテーマとした共同研究プロジェクトを発足し、ゲームの教育利用に関する研究や「リサーチ・インターン2」に関する取り組みをスタートすると発表した。


同プロジェクトは、既存のゲームソフトの教育・学習効果を学術的に分析して国内外での様々な講演会や学会などで発表することにより、“ゲームの教育利用に関する知見”や“ゲームリテラシーに関する社会的認知”の向上と、ゲームが持つ可能性を子供やや大人に伝えていくことを目的としているという。また、日本国内では数少ない試みである「リサーチ・インターン」制度を導入することにより、学生自らが研究テーマを決めてリサーチ(調査・研究)を行い、東京大学大学院で進めている学習と職業経験を通じた学習とを統合させることで、新たな“知”を生み出すことも狙いとしてるとのこと。
尚、同プロジェクトでは共同研究の一環として品川区教育委員会とも連携し、品川区の教員のや保護者、子供たちの参加型のシンポジウムや発表会などのイベントを通じて、教育現場におけるICT利活用についての啓発活動にも取り組んでいくとしている。
馬場研究室
http://chi.iii.u-tokyo.ac.jp/
株式会社バンダイナムコゲームス
http://www.bandainamcogames.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.