Synthe、正式サービス開始までのスケジュールと有料サービス情報を公開

 

株式会社ホビーストックが、7月30日より正式サービスを開始するソーシャルゲーム「Synthe(シンセ)」のサービス開始までのスケジュールと有料サービスの情報を公開した。

それによれば、Syntheは7月27日(月)の12:00~7月30日(木)の15:00まで正式サービス開始に伴う実装作業のためワールド・ゲームツール・アバターツール全てにおいてサーバーに接続することができなくなるという。また正式サービス開始は7月30日(木)の15:00を予定しており、これ以降有料サービスの利用も可能になるとのこと。尚、期間限定公開時にアップロードされた作品は利用規約に抵触する作品以外は引き継ぎされ、ユーザーが所持しているアイテムや設定したジェスチャー等についても同様に引き継がれるという。
有料サービスの概要は以下のとおり。
Synthe、正式サービス開始までのスケジュールと有料サービス情報を公開
・有料ポイント「ケロ」について
Syntheのワールド内で販売されている有料アイテムの購入は、仮想通貨「ケロ」を用いて行われる。ケロの購入はSynthe及び公式サイトから購入可能で、支払い方法は、「クレジットカード」「BitCash」「NETCASH」の3種類から選択できる。またクレジットカードは「JCB」「VISA」「MASTER」「American Express」の4種類が利用可能。「ケロ」の購入単位及び価格は以下のとおり。
300円 → 300ケロ
500円 → 500ケロ
1,000円 → 1,000ケロ
3,000円 → 3,000ケロ
5,000円 → 5,000ケロ
10,000円 → 10,000ケロ

・有料コンテンツの販売について
Syntheでは全てのユーザーが自作のコンテンツをアップロードし、有料で販売することができる。有料でアイテムを販売する際には、通常の登録情報に加えて公式サイトにて販売者情報を追加登録する必要がある。販売者情報の登録は、公式サイトにログイン後、作品管理ページにて行うことができる。
有料で販売できるコンテンツは、「ゲーム」「アバター」の2種類。
・販売手数料と売上の還元について
Synthe内で有料コンテンツを販売した場合、その売上は販売元のユーザーへと還元される。その際、販売手数料として30%を予め差し引いた上で還元される。尚、売上が発生した場合のみ手数料が発生するようになっているので、作品のアップロード自体は無料。無料で公開される作品については利用料金は発生しない。
Synthe内で販売したアバター、ゲームの売上還元額は月末締めで集計し、翌々月15日に指定の金融機関へ振り込まれる。但し還元額が2,000円に満たない場合は、2,000円を超えるまで翌月支払日へ順次繰り越される。
Synthe
http://www.synthe-web.jp/
関連記事:
Synthe、正式サービスで実装する新機能を発表&ワンフェス2009[夏]に出展!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.