スウェーデン政府、仮想アイテム売買に課税検討

 

スウェーデンの「Stockholm News」の伝えるところによれば、スウェーデン国税庁は今後仮想アイテムや仮想通貨の売買におけるユーザーの収入に課税することを検討しているという。


スウェーデン国税庁は以前より電子商取引やオンラインカジノ、ポルノや有料の占いサイトなどで脱税が行われていないか調査していたが、その一環で14ヵ月に渡りオンラインゲーマーのアバターの取引も調査。すると、なんとその間に約6億6200万SEK(クローナ:スウェーデンの通貨)もの利益が上がっていたことが明らかになったという。しかしこの仮想空間内での収入を確定申告したユーザーはほとんどいなかったとのこと。
Stockholm News
http://www.stockholmnews.com/more.aspx?NID=3608

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.