快挙!ドイツの「暴力ゲーム規制反対」署名、一週間で目標の5万人を達成

 

快挙!ドイツの「暴力ゲーム規制反対」署名、一週間で5万人を突破
現在ドイツにて行われている「暴力ゲーム」規制に反対する署名活動が、開始からたった一週間で目標の5万人分の署名を収集した。


現在ドイツ政府では、作中に暴力的な表現のあるゲームの開発・販売及びプレイの一切を禁止する法案を審議している。もしこの法案が成立してしまった場合、「暴力ゲーム」を開発したゲームディベロッパーや販売に関わった流通関係者、そしてプレイしたゲーマーとゲームに関係した全ての人間に対し罰金と最大1年の懲役刑が課せられることになる。この動きを受け、当初8月に開催される予定だったシューティングゲーム「カウンターストライク」のLANパーティイベント「Convention-X-Treme」など複数のゲームイベントが中止に追い込まれてしまった。
しかしこれに対しドイツ国内のゲーマーが決起。「暴力ゲーム」への規制に反対するデモ行進を開催すると共に、ネット上で政府にゲーム規制の見直しを求める署名を行うよう呼びかけた。ドイツでは5万人以上の署名が集まると正式な嘆願書として認められ、審議の際に”国民の声”として効力を発揮する。署名の呼びかけが始まったのは7月8日で、当初は8月28日までに5万人の署名を集めることを目標としていたが、なんと呼びかけ開始からたった一週間で目標を達成してしまった。
しかし現在も引き続き署名活動は行われているようで、現時点(7月15日現在)で5万6000人以上の署名が集まっている。
署名ページはこちら(ドイツ語)
https://epetitionen.bundestag.de/index.php?action=petition;sa=details;petition=4958
関連記事:
珍妙な規制もいい加減にしろ!ドイツのゲーマーが立ち上がる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.