ニュース 海外ニュース

ルイジアナ州、デジタルインタラクティブ関連企業への減税措置を承認

投稿日:

アメリカ・ルイジアナ州のBobby Jindal知事が「ルイジアナ・デジタルメディア法」を承認した。同法律はルイジアナ州に拠点を置く全てのデジタルインタラクティブ関連の企業に対し、25%の税額控除と10%の給与減税を与えるという内容で、同州内のデジタルメディア産業の活性化と雇用拡大を狙ったもの。


これに対しアメリカのゲーム業界団体「The Entertainment Software Association」(ESA)は歓迎する声明を発表。ESAの発表によれば、ルイジアナ州では現在4381人の労働者がデジタルインタラクティブ関連企業で雇用されており、この数字は2001年より年間平均9%の割合で成長し続けているという。
アメリカ・ルイジアナ州の発表はこちら
http://wwwprd.doa.louisiana.gov/LaServices/PublicPages/ServiceDetail.cfm?service_id=3464
関連記事:
フィンランド技術庁、国内のゲーム産業に1000万ユーロ投資

-ニュース, 海外ニュース

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.