携帯向け仮想空間「S!タウン」、9月末でサービス終了

   2012/05/03

携帯向け仮想空間「S!タウン」、9月末でサービス終了

ソフトバンクモバイル株式会社が、携帯電話向けの3D仮想空間「S!タウン」を9月30日(水)をもってサービスを終了すると発表した。

「S!タウン」は、同社が2006年10月より提供しているSoftBank 3G向けのコミュニケーションサービスで、3Dの街の中で他のユーザーとアバターを介してチャットやミニゲームを楽しんだり、仮想通貨「コロン」でショッピングをして自分の部屋をカスタムしたり、ペットを飼うことができる。ほとんどのSoftBank 3G端末にプリセットされており、且つ無料で始められるサービスとして提供されてきたが、同社は「他のコンテンツやサービスの充実」により提供を終えることにしたという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket