オーストラリア映画にセカンドライフが”出演”

 

シドニーフィルムフェスティバルに出品され8月6日(木)より公開されるオーストラリア映画「Beautiful Kate」の劇中のシーンにセカンドライフが使用された。


「Beautiful Kate」は、1982年に刊行された同名のミステリー小説を元に、女優のレイチェル・ウォードが監督を務めた作品。同作品では劇中のシーンの一部としてセカンドライフを使用。インワールドにセット「Jungle Bar」を制作し、実際にセカンドライフを操作してその様子を撮影したという。セカンドライフが登場するシーンは計2分程度と短いが、劇場公開される長編映画に”ゲームではない既存の仮想空間”が使用されたのはこれが世界初の事例とのこと。
尚、日本公開の予定は現在のところまだ未定。
Beautiful Kate
http://www.beautifulkatemovie.com.au/

関連記事:
[kagami]の森

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.