JETMAN、“けしからんiPhone アプリ”「iDoll viewer ver.02」6月下旬発売

 

JETMAN、“けしからんiPhone アプリ”「iDoll viewer ver.02」6月下旬発売
iPhoneアプリケーションの開発・受託を行う株式会社JETMANが、世界初のチビキャラ・モード対応iPhoneアプリ開発用のフレームワーク「チビキャラ・モード」を搭載した「iDoll viewer ver.02」を6月下旬に大幅バージョンUPし発売する。


「iDoll viewer」は、音楽に合わせて3Dポリゴンの女の子のキャラクターがダンスをするiPhoneアプリ。拡大や縮小、回転させて360°様々な方向から見ることができ、指で画面を”ダブルタップ”すると恥ずかるアクションも再生する。さらに画面に向って息を吹きかけると…後は動画を参照のこと。
「iDoll viewer ver.02」は、同社のフレームワークである「i-3Dviewer」を使用しPS2並みのきれいな描画を実現。さらに4000ポリゴンのシームレスモデルを30フレーム/秒のリアルタイム再現できる3D技術を応用し、傾きセンサーでキャラクターのスケールを変形させることも可能となったほか、インタラクティブにユーザーのタッチに反応する。
主なバージョンUPは以下のとおり。
1.世界初の「i-3D viewerチビキャラ・モード」搭載
2.おじさん感激 「あいのてモード」
3.「曲切り替えモード」
4.禁断の隠しコマンド

同社では今後この「チビキャラ・モード」のiPhoneアプリ開発技術を生かした各種コンテンツを制作していくという。
株式会社ジェットマン
http://www.jetman.co.jp/
有限会社ジェットグラフィクス
http://www.jet-graphics.com/


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.