マイスター、Visio図面を立体(3D)化するアドイン形式ソフトウェア「ViXAM(ヴィグザム)」を発表

 

株式会社マイスターが、MicrosoftOffice Visio(以下Visio)で作成された図面の内容を3D化するVisioのアドイン形式ソフトウェア「ViXAM(ヴィグザム)」を6月1日よりリリースすると発表した。


「ViXAM」は、Visio図面の内容からXAMLファイルを生成する自社開発エンジンを搭載しており、Visioで描いた平面図を立体化して表示する機能を実装している。また専用のビューア「ViXAMViewer」も付属しているので、マウス操作で視点を自由に動かして見ることも可能だという。尚、この「ViXAM Viewer」は同社のサイト上でも無償公開されているので、「ViXAM」をインストールしていないユーザーでも利用できる。
製品パッケージには、一般的なオフィスで利用されるデスクや椅子など500個以上のオフィス家具図形(シェイプ)が同梱されており、様々な用途で活用できる。またコースに沿ってアニメーション表示
をしてくれるウォークスルー機能もあり、歩くコースをVisio図面上に線を描くだけで簡単に設定可能。
今後は、「ViXAM Viewer」で利用しているWPFコントロールのコンポーネントをSDKとして提供する予定とのこと。
ViXAM
http://www.mster.co.jp/products/vixam/
株式会社マイスター
http://www.mster.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.