マサチューセッツ工科大学、天体研究にOpenSimを活用

   2012/12/31

マサチューセッツ工科大学の学生、天体物理学の研究にOpenSimを活用

マサチューセッツ工科大学の学生及び研究チームが、天体物理学の研究のシミュレーションソフトにOpenSimを使用している。

同大学では、OpenSim上に銀河を軌道に乗って回る球状星団のオブジェクト約50個を制作し、プログラムで動かして運行をシミュレーション。OpenSim内の重力・物理の設定を変え、様々なパターンで星団が最終的にどのような状態になるのかそのプロセスを研究しているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket