セカンドライフの仮想アイテム販売好調 今年に入ってから販売数50%増

 

セカンドライフの仮想アイテム販売好調 今年に入ってから販売数50%増
セカンドライフの仮想アイテム販売が好調な伸びを見せている。年初から現在までのアイテム販売数は前年と比べて約50%増だという。


リンデンラボでは、今年1月にセカンドライフアイテムをWeb上で売買できる通販サイト「OnRez」を買収し、元からあったリンデンラボのアイテム売買サイト「SL Exchange」と統合して新たなショッピングポータルサイト「Xstreet SL」を立ち上げた。その後、セカンドライフのインワールドだけでなくXstreet SL上からアイテムを購入するユーザーが増え、今年に入ってからのWebサイトからのアイテム販売数は前年と比べて約50%もUPしたという(サイトで見てからインワールドで購入したケースは含まず)。
Xstreet SL
https://www.xstreetsl.com/
セカンドライフ公式ブログ
https://blogs.secondlife.com/
関連記事:
リンデンラボ、セカンドライフアイテム売買の「Xstreet SL」と「OnRez」をM&A

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.