Metaplace、オープンβ版へ移行

 

Metaplace、オープンβ版へ移行
オリジナルのゲームや仮想空間を作ることができる共有プラットフォーム「MetaPlace」が、招待制からオープンβ版へと移行した。


Metaplaceは、ユーザーが簡単にFlashベースの仮想空間やゲームを作ることができるプラットフォーム。仮想通貨や”レベル制”、Google 3Dギャラリーからのオブジェクトインポート機能なども実装されているので、工夫次第で様々な空間を作ることができる。
同サービスは昨年10月にクローズドテストから招待制に移行していたが、本日よりオープンβ版へ移行。誰でも登録可能になった。
MetaPlace
http://www.metaplace.com/
関連記事:
アメリカ・ルイジアナ州議員、Metaplaceでタウンミーティングを開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.