米ワーナー、ExitRealityを利用し3Dシアターをオープン

 

米ワーナー、ExitRealityを利用し3Dシアターをオープン
アメリカのWarner Brosが、Webページを3D仮想空間に変換する「ExitReality」を活用して3Dシアターを構築した。同社が持つ映画やゲームなどの映像コンテンツをリアルさながらの映画館で楽しむことができる。

「ExitReality」は、専用のプラグインをインストールすることにより訪問先のWebページを3D仮想空間化するサービス。仮想空間が既存のサイトに紐付いるのが特徴で、サイト訪問者は自分の好みで2D・3Dの画面を選択できる。また、ExitRealityを通してサイトを訪問しても通常どおり訪問者数がカウントされるのでデータ解析も問題なく行えるのが特徴だ。
今回オープンしたWarner Brosの3Dシアターは実際の映画館を模した空間として構築されており、新作・旧作・ジャンル別に映画の予告編などの動画コンテンツを配信している。各作品ごとにiTunesストアやAmazonへのリンクも用意されているので、ユーザーは動画を視聴してすぐにコンテンツを購入することも可能。
ExitReality
http://www.exitreality.com/
Warner Bros
http://www.warnerbros.com/
米ワーナー、ExitRealityを利用し3Dシアターをオープン 米ワーナー、ExitRealityを利用し3Dシアターをオープン
関連記事:
ExitReality、オンライン学習管理システムとの統合サービスを開始
米ワーナー、ケニアでエイズ防止を啓蒙するオンラインゲームを公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.