米テレビアニメの仮想空間、ワールド内でオンエア放送と同じエピソードを配信

 

米テレビアニメの仮想空間、ワールド内でオンエア放送と同じエピソードを配信
アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルスのテレビ局KQEDで制作されている3DCGアニメ「Zula Patrol」の仮想空間「Zula World」が、空間内でテレビのオンエア放送と同じエピソードの配信を開始した。


「Zula World」は現在βテスト中の5歳以上の子供を対象とした子供向け仮想空間で、ユーザーは番組に登場するキャラクター(昆虫型宇宙人)を模したアバターをカスタムし、他のユーザーとのコミュニケーションを楽しんだりジュアルゲームをプレイして仮想通貨を稼いだり、その仮想通貨でアバター用アイテムを購入することができる。
ワールドの構築にはIBMも協力しており、他の子供向け仮想空間にはないクリアで迫力のある音声を聞くことができるのが特徴。ワールド内でテレビオンエア版と変わらない品質のエピソードを楽しむことができる。
現在はまだβテスト中で全てのサービスを無料で利用することができるが、今後1ヵ月5.99ドルの月額課金のプレミアムアカウントを提供する予定だという。
Zula World
http://zulaworld.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.