セカンドライフ、”3月の人気PCゲームランキング”の2位に浮上

 

アメリカの調査会社Nielsenのゲーム利用実態調査部門「Nielsen Games」が、2009年3月に最もよくプレイされたPC向けゲームのTOP10のリストを発表した。それによれば、リンデンラボが運営するセカンドライフの稼働率は人気MMORPGのWorld of Warcraftに次いで第2位だという。


さらにセカンドライフユーザーの一週間あたりの平均プレイ時間は約760分と、リスト中最も長かったという。TOP10の全リストは以下のとおり(()内は運営会社名)。
1:World of Warcraft (Blizzard Entertainment)
2:Second Life (Linden Lab)
3:Dark Messiah of Might & Magic (Ubisoft)
4:Civilization IV: Beyond the Sword (2K Games)
5:Bookworm (PopCap Games)
6:Half-Life 2 (Vivendi Games)
7:Civilization IV (2K Games)
8:Warcraft III: Reign of Chaos (Blizzard Entertainment)
9:Chessmaster Challenge (PlayFirst)
10:StarCraft (Blizzard Entertainment)

Nielsen
http://nielsen.com/
Nielsen wire
http://blog.nielsen.com/nielsenwire/consumer/world-of-warcraft-playstation-2-continue-most-played-gaming-trend/
関連記事:
銃器メーカーのTaser、リンデンラボへの告訴を取り下げ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.