ニュース 海外ニュース

映画「天使と悪魔」、ドイツの3D仮想空間「Twinity」でプロモーションを実施

投稿日:

映画「天使と悪魔」、ドイツの3D仮想空間「Twinity」でプロモーションを実施
トム・ハンクス主演で全米で5月15日(金)に公開予定の新作映画「天使と悪魔」が、ドイツの3D仮想空間「Twinity」内で各種プロモーションを実施している。

「天使と悪魔」は小説家のダン・ブラウン著の宗教サスペンス小説が原作となった映画で、現在Twinity内で展開しているプロモーションも作品の”謎解き”要素を反映したもの。ワールド内に散りばめられた謎を解き明かしながら隠された仮想アイテムを探すという”トレハン”(トレジャーハンティング)イベントを開催している。隠されたアイテムは全て映画をモチーフとした非売品の限定アイテムとなっておりかなりのレアもの。
イベントに参加するには事前に「天使と悪魔」のコミュニティに参加する必要がある。
その他、Twinity内の”ヴァーチャル・ベルリン”市内にある大型映画館「CUBIX cinema」にて予告編動画の上映も行っているという。
「天使と悪魔」日本公式サイト
http://angel-demon.jp/
Twinity
http://www.twinity.com/en
関連記事:
映画「The Spirit」、ドイツの仮想世界「Twinity」でプロモーション
天使と悪魔 (上) (角川文庫)
天使と悪魔 (上) (角川文庫)
天使と悪魔 (中) (角川文庫)
天使と悪魔 (中) (角川文庫)
天使と悪魔 (下) (角川文庫)
天使と悪魔 (下) (角川文庫)

-ニュース, 海外ニュース

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.