ニュース 海外ニュース

リンデンラボ、アダルトコンテンツのフィルタリングプランを発表

投稿日:

リンデンラボ、アダルトコンテンツのフィルタリングプランを発表
セカンドライフを運営するリンデンラボが、インワールドにおけるアダルトコンテンツの規制のより具体的な計画を公式ブログにて発表した。


今後同社ではセカンドライフ内のコンテンツを「Adult」「Mature」「PG」の3ランクに分け、ユーザーが各自そのランクを設定できるようにするという。
「Adult」は性的・暴力的な内容や違法ドラッグ服用など違法行為をモチーフにしたコンテンツ(地域,グループ,イベント,個人広告)が対象で、「Mature」は「Adult」要素のないクラブ、バー、ショップ、ギャラリーなどの店舗やショッピングモール、ビーチ、公園など公共施設などが対象、「PG」は「Adult」要素のない教育やビジネスを目的とした施設やコンテンツが対象になるとのこと。
さらに「Adult」コンテンツにアクセスする際に、年齢確認システムを通してユーザーアカウントをチェックする仕組みも取り入れられるとのこと。
これらの規制は6月ごろまでに正式に導入される予定とのことだが、同社では引き続きユーザーから意見を募るとしている。
リンデンラボ公式ブログはこちら
https://blogs.secondlife.com/community/community/blog/2009/04/21/update--upcoming-changes-for-adult-content
関連記事:
セカンドライフ、とうとうアダルトコンテンツも規制へ

-ニュース, 海外ニュース

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.