ヴァーチャル珊瑚礁の「WhyReef」、オープンから10日で来場4万人突破

 

アメリカ・フィールド博物館が子供・若者向け仮想空間「Whyville」に珊瑚礁エリアをオープン
アメリカの子供・若者向け仮想空間「Whyville」内に学習用のエリアとしてオープンした”ヴァーチャル珊瑚礁”「WhyReef」が、オープンからわずか10日間で来場者数4万人を突破した。


「WhyReef」は、アメリカ・ミシガン湖畔のミュージアム・キャンパスの中にある「フィールド博物館」がマッカーサー財団の資金援助により制作したコンテンツ。ユーザーは海の中でスキューバダイビングを楽しみながら同博物館が所有する海洋生物のデータを閲覧し、珊瑚礁の生態系について学ぶことができる。
現在Whyvilleのユーザー数は400万人いるとのことで、ユーザーの約10人に1人が10日の間にWhyReefに遊びに行った計算になる。
Whyville
http://www.whyville.net/
フィールド博物館
http://www.fieldmuseum.org/
関連記事:
アメリカ・フィールド博物館が子供・若者向け仮想空間「Whyville」に珊瑚礁エリアをオープン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.