ニュース 国内ニュース

職業を疑似体験できる小・中学生向け仮想空間「お仕事タウン」オープン!

投稿日:

職業を疑似体験できる小・中学生向け仮想空間「お仕事タウン」オープン!
バンダイネットワークス株式会社と株式会社バンダイナムコゲームス、株式会社東急エージェンシーの3社が、小・中学生が楽しみながら様々な社会勉強やお仕事体験ができるサービス「サークルリンクお仕事タウン」を開設した。

「サークルリンクお仕事タウン」は、バンダイネットワークスが2005年11月23日よりサービスを開始し、現在小学生を中心に38万人以上の会員が登録するジュニア向けの情報共有サイト「サークルリンク」内に新たに追加するサービス。仮想都市「お仕事タウン」内のお仕事体験型アトラクション(お
仕事体験ゲーム)で社会勉強やさまざまな仕事が体験できるサービスで、実在する企業の現実感の高いアトラクションが体験できるのが特徴。ユーザーは自分のアバターを操作して様々な仕事を疑似体験し、仮想通貨「リンクコイン」を稼いでサービス内でショッピングをすることもできる。
お仕事タウンは「オフィスエリア」「商業エリア」「パブリックエリア」「エコエリア」「臨海エリア」の5エリアで構成され、現在は、東芝、tearbridge production、野村證券、バンダイナムコの4社のアトラクションが用意されている。エコエリアの東芝は植林をしながら環境問題を考えるコンテンツを展開し、オフィスエリアのtearbridge productionでは音楽の作詞、野村證券では株や経済に関するクイズを用意、臨海エリアのバンダイナムコでは障害物を動かすゲームから「ゲームクリエイター」を紹介している。他にも、このほか、大塚製薬では「カロリーメイト」の脳トレゲーム、光が丘動物病院グループでは獣医師の職業体験、東京書籍では日本語検定のゲーム、ベネッセコーポレーションでは漫画コンテンツなどを提供する予定とのこと。
職業を疑似体験できる小・中学生向け仮想空間「お仕事タウン」オープン!
サークルリンクお仕事タウン
http://link.channel.or.jp/jobtown/web/servlet/jobtown.TownTop

-ニュース, 国内ニュース

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.