恐竜モチーフの子供向け仮想空間「DinoKids」が正式公開

 

恐竜モチーフの子供向け仮想空間「DinoKids」が正式公開
恐竜をモチーフとした子供向けの2D仮想空間「DinoKids」が正式オープンした。現在オープンを記念して4月30日まで無料アカウント登録キャンペーンを行っている。


「DinoKids」は、その名のとおり「恐竜」がモチーフとなった仮想空間。2008年春に製作が発表されて以来これまでパブリックデモバージョンが公開されていたが、この度晴れて正式サービスがスタートした。
ユーザーは様々な種類・色の恐竜アバターをカスタムして着せ替えを楽しんだり、他のユーザーとコミュニケーションしたりミニゲームで遊んだりできる。Webベースで操作できる2Dの横スクロール画面なので子供でも簡単に操作できるようになっているのが特徴。また子供の保護者向けのサポートも行われており、保護者が子供のアカウント情報をチェックできる機能も備わっている。
利用料は、1ヵ月/5.25$、6ヶ月/28.25$、12ヶ月/47.25$の3種類。
DinoKids
http://www.dinokids.com/
関連記事:
【VWCE in L.A.レポート】企業出展ブースいろいろ写真レポート(1)
Virtual Worlds 2008をふり返って……

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.